薬局に無いアフターピル、緊急避妊薬。失敗しない避妊ピルの通販購入。

失敗しないアフターピル通販購入トップイメージ

アフターピルの通販購入サイトです。
初心者にも安心の人気アフターピルでしっかり避妊。
避妊で失敗したくない方、計画的に避妊を行いたい方、
薬局で市販購入出来ない緊急避妊薬を簡単手順で通販購入。




TOP > アフターピルの妊娠確率

アフターピルでの妊娠確率

アフターピルの妊娠確率は極めて高いです。ただし服用タイミングによって変化します。性行為後に可能な限り早めに服用すればそれだけ避妊確率は上がります。

アフターピルを使用するまでの期限は72時間と言われています。ここで注意してほしいのは72時間以内なら全て同じではないということです。12時間以内に服用した場合は98%。72時間以内に服用した場合では95%。別の数字で表すと1/50の確率か、1/20の確率となります。こうして比べるとかなり成功率に差がありますよね?ですので緊急避妊をするときは早めに対応しておいたほうがより安心です。

どうして72時間以内なのか?

受精してから着床するまでに約1週間ほど掛かるのですが、それまでに消退出血をさせる必要があります。その期間を逆算すると72時間以内に服用しなければいけないということになります。

もし72時間を過ぎてしまったら?

万が一服用までに72時間を過ぎてしまっても、効果が全く期待できないというわけではありません。一応120時間までにアフターピルを飲めば70%程の確率で避妊成功すると言われています。決して安心できる確率ではありませんが、試してみる価値は充分にあると思います。とは言え、この確率ではかなり不安が残ると思いますので出来るだけ正しい効果時間内に服用することを強くおすすめします。

12時間以内の服用を心がけましょう!

72時間以内なら大丈夫とか、そういったことは知識として覚えておくことにして、実際にアフターピルは12時間以内に使うと決めておきましょう!

そもそも避妊が失敗している時点で既に多大なリスクを背負っているにも関わらず、更にリスクを高めるような行動を取ってはいけません!妊娠というのは特に女性にとっては将来を大きく変える出来事です。自分の身体は大事にしましょう。アフターピルの使用は絶対12時間以内。遵守してもらえたら幸いです。

アフターピルの服用は迷わないこと!

ありがちな話ですが、避妊が失敗しているにも関わらず、これくらいなら大丈夫かな?と思って服用を渋る女性も多いです。こんなときに優柔不断な態度をしてはいけません。後々のことを考えると心配になりませんか?絶対に妊娠したくない!と思っているなら、妊娠の可能性が少しでもあるならば、しっかりアフターピルでケアしておくべきです。迷いは禁物とはまさにこのこと。




サブコンテンツ

このページの先頭へ