薬局に無いアフターピル、緊急避妊薬。失敗しない避妊ピルの通販購入。

失敗しないアフターピル通販購入トップイメージ

アフターピルの通販購入サイトです。
初心者にも安心の人気アフターピルでしっかり避妊。
避妊で失敗したくない方、計画的に避妊を行いたい方、
薬局で市販購入出来ない緊急避妊薬を簡単手順で通販購入。




TOP > 受精後のアフターピル使用の効果

ピルと生理の関係性

受精しても着床しなければ大丈夫です。ここで間違えないでほしいのは受精卵の着床がされてしまってからの服用では効果がないです。

あくまでアフターピルというのは、排卵を抑制し、受精を妨げる、受精卵の着床への阻止、これらの効果により避妊ができるわけです。

もう一つ注意してほしいのは緊急避妊ピルであるアフターピルは決して中絶薬ではありません。よく間違えちゃってる人もいるのでしっかりお勉強しておきましょう!

受精をしてもどうして避妊できるの?

アフターピルを飲むと体内のホルモンを急激に増やし、その後急降下させることで、強引に内膜をはがします。ですので受精をしてても着床を阻止するのです。ただし着床までに内膜をはがす必要があるので、緊急避妊薬は可能な限り早めに飲むことが大事です。猶予は72時間以内というのが一般的ですね。割と猶予はあるほうだと思います。あと困るのは手元にアフターピルがない場合はどうしようもありません。

受精と着床のタイミング

受精というのは卵子と精子がご対面すればすぐに起こります。そこから着床までは10日~15日程度です。前述してますが、着床しちゃったら避妊失敗です。簡単に言えば受精までならセーフ。着床はアウト!ということです。避妊失敗をしたとしても、慌てず落ち着いてアフターピルで着床を阻止しちゃいましょう。

着床してるかどうかの見極め

これはもう生理が来て出血するのを確認するしかないでしょう。アフターピルによる避妊成功率はめちゃめちゃ高いですが100%ではありませんので。内心穏やかではないと思いますが、緊急避妊後は祈って生理がくることを待ちましょう!

つまり受精までなら妊娠確定ではありません

上記に記したとおり、受精してしまっても着床するまでは一応セーフということになります。

でも、着床してないからまだ大丈夫という考えは捨てましょう。

受精しちゃってる状態というのは妊娠に限りなく近いと思って危機感を持ってください。

緊急避妊に甘えすぎてはいけません。

基本的にはコンドームなどで避妊をし、精子をシャットアウトすることを前提で性行為に及びましょう。

あまり気楽に考えないでもらいたいです。だって後々痛い目を見るのは女性なのですから。




サブコンテンツ

このページの先頭へ