薬局に無いアフターピル、緊急避妊薬。失敗しない避妊ピルの通販購入。

失敗しないアフターピル通販購入トップイメージ

アフターピルの通販購入サイトです。
初心者にも安心の人気アフターピルでしっかり避妊。
避妊で失敗したくない方、計画的に避妊を行いたい方、
薬局で市販購入出来ない緊急避妊薬を簡単手順で通販購入。




TOP > アフターピルの使用に制限はあるのか

アフターピルの制限について

低用量ピルに比べてホルモン成分が多く、副作用も出やすいので頻繁に飲むのはおすすめしません。というよりやめたほうがいいでしょう。緊急避妊薬なので、ガンガン飲むようなものじゃないです。

服用してから24時間以内は頭痛とか吐き気といった副作用もあります。ホルモンバランスを強引に調節するわけですから、このくらいは仕方ないと思います。

血栓もできやすくなるので、もしアフターピルを常用するとしたら、脳の疾患や心臓の疾患を引き起こすリスクが上がるでしょう。

とにかく体に負担がかかるというのはわかってもらえたでしょうか?低用量ピルのほうが負担は遥かに少ないでしょう。こっちのピルは割と自然に生理環境を整えてくれるものなので、通常の避妊なら断然ピルです。

履き違えないで頂きたいのは、アフターピルが特別危険というわけじゃないです。用法用量を守って正しく使用しなければいけないのはどんな薬でも同じですからね。ただの鎮痛剤だって飲みすぎはダメなのと一緒です。

尚、服用するにあたって年齢に制限はないようです。生殖が可能な年齢になっていれば服用できます。病院も基本的にはアフターピルを処方してくれます。また、産婦人科によっては親の承諾書が必要なところもあれば、別にいらないというところもあります。

服用後は体の調子を見極めましょう

アフターピルの服用後、消退出血があれば成功となりますが、恐らくほとんどが成功になります。消退出血までの期間は短いと3日程度、長くて20日程度なのでソワソワが止まらず不安にはなると思いますが、早めに服用できてるならそんな気にしなくていいと思います。

ここで言う体の調子というのは、副作用の部分です。大体24時間程度の間、頭が痛かったり、気持ち悪くて吐き気がしたりと、いわゆる体調不良に陥る可能性があります。今後またアフターピルに頼ることがあるかもしれないので、その時の自分の状態をよく覚えておきましょう。あまりに症状が辛いなら避妊方法の改善をするべきですし、最悪アフターピルには頼れない可能性もあります。

しかしピルの特性として、体調が悪くなったとしても、それが長く続くことはないでしょう。ピル自体は体から抜けるのが早いので、それに合わせて副作用の症状は治まるのが通常の流れです。とりあえず24時間は様子を見て、それで悪化するようならすぐに行きましょう。




サブコンテンツ

このページの先頭へ