薬局に無いアフターピル、緊急避妊薬。失敗しない避妊ピルの通販購入。

失敗しないアフターピル通販購入トップイメージ

アフターピルの通販購入サイトです。
初心者にも安心の人気アフターピルでしっかり避妊。
避妊で失敗したくない方、計画的に避妊を行いたい方、
薬局で市販購入出来ない緊急避妊薬を簡単手順で通販購入。




TOP > アフターピル使用後の出血

アフターピル使用後の出血

アフターピルによる避妊が成功したかの成否は至って単純。消退出血が起こったか否かです。ただアフターピルを飲んだタイミングによって見極めがちょっと難しい場合があります。

出血の量も排卵日などの影響があり、排卵日直後なら子宮内膜が少ないので出血も少なめ、排卵日からそれなりに日が経っていれば通常の生理と同じくらい出血があります。

着床出血というものもあります。これは字の通り、着床した際の出血です。これがちょっと面倒で、服用の時期とかぶっていた場合、消退出血との区別がつかない可能性もあります。

はっきり確実に判断するのは素人目では困難かもしれません。ですのでアフターピル服用後などは日常的に体温などをチェックして排卵日を予測しておくと判断材料になります。

最終的に一番確実な見極めは妊娠検査薬の使用をおすすめします。結構面倒だと思うかもしれませんが、こんな思いをしないためにも日ごろから避妊はしっかりとしておきましょう!

また、なかなか出血が起こらないということも有り得ます。服用から3週間以内には出血すると言われています。なのでもしその期間を超えても出血が無い場合は産婦人科の受診をするしかないでしょう。

出血の種類

出血の種類は多種多様ですが、ここではアフターピルと関連の深いものをいくつか挙げていきます。基本的な知識ですが、意外と知らない女性もいらっしゃいます。

【消退出血】
これはホルモンの分泌が減少することで、子宮内膜が剥がれ、出血が起こる減少をいいます。自然に起こる生理での出血とは違うもので、ピル使用によってあえて出血するように促すものを消退出血といったりもします。なのでアフターピルの影響での出血を消退出血と呼ぶわけですね。

【排卵出血】
排卵時に出血が起きます。排卵出血が起こる原因として、排卵時に卵巣の表面が破れたり、ホルモンバランスの変化で子宮内膜が剥がれたりといったものがあります。また、生理じゃない時期に出血が起こることもありますが、病気などではないので心配しないで下さい。排卵してるということは正常な身体の動きがされてる証拠とも言えます。剥がれた子宮内膜と一緒に卵子が流れ出るので排卵と呼ぶわけです。

【着床出血】
受精され、着床されることで少量の出血があります。これが着床出血です。原因は妊娠の過程で子宮内膜が剥がれることでの出血です。生理予定日と重なることもあり、生理での出血なのかわかりにくかったりもします。また、着床時に必ず出血があるわけではありません。むしろ着床時に出血が起こる人は1%~2%程度と言われます。

とにかく出血が避妊性交へのサイン

とにかく出血が避妊へのサイン 出血が起きるかどうか、またその出血の種類を正しく見極める事が重要ということが少しでもお分かりになったでしょうか?

ちょっと難しい印象を受けたかもしれませんが、基本的に避妊成功の可否は出血があれば大丈夫というのがほとんどです。

アフターピル服用後のタイミング(自身の排卵の周期)にもよりますが、出血までは3日から20日の間と約2週間の期間があります。

不安になることもあると思いますけど、アフターピルの効果を信じて待ってみてください。この緊急避妊、成功率は決して低くありません!

安心のために妊娠検査薬も併用するとなおGOODでしょう!




サブコンテンツ

このページの先頭へ